金髪ってそもそもどうやってなるの?

・美容院が確実ですが、もっと手軽にしたい場合は、市販のカラーリング剤でできます。市販のものを使うときは、1回ぐらいではオレンジや黄色にしかならないようで、最低でも3回はブリーチしないと、金髪にはならないようです。
・ブリーチはやればやるほど髪にダメージを与えるので、ただ回数をたくさんこなせばいいというわけでもないようです。
・仕上がりは人によってずいぶん異なるようです。綺麗な金髪にしようと思えば、何回かのブリーチの間に、期待した色味に合うように補色を足して調節していかないとならないようです。

髪質と色の関係

染めると一概にいっても、人によってずいぶんと感じが変わるものです。
まとめてみました。

ヘナを使った商品を見てみよう
髪が黒い人→赤みが出やすくなります。
髪が茶色い人→黄みが出やくなります。
髪が硬い人→赤みが出やすくなります。
髪が薄い人→黄みが出やすくなります。
髪が多い人→赤みが出やすくなります。
髪が少ない人→黄みが出やすくなります。
髪が太い人→赤みが出やすくなります。
髪が細い人→黄みが出やすくなります。

白髪の原因

ヘアカラーで一番利用が高いのは、やはり白髪染めではないでしょうか?。そもそも白髪はなぜなるのでしょう?。いくつかの理由があるようです。1つ目は老化。白髪の発生は30代中ごろからスタートして、50代中ごろでは髪の半分近くが白髪になっていきます。同時に、はげる人ははげてくるようで、白髪になればはげないということもないようです。2つ目はミネラルなどの栄養素の不足です。過度なダイエットなどによって、若くても白髪になる人はいるようです。3つ目は遺伝です。だいたい両親が早くして白髪になるときは、子供もなるようで、確実性があるわけではありませんが、ひとつの原因とされています。4つ目はストレスです。ストレスが長期に続くと、一瞬にして、白髪になるといわれるほど、ストレスは計り知れない力を持っています。5つ目は生活習慣です。細胞が活発に動いているときは髪の健やかな成長も望めますが、慢性的な睡眠不足や夜更かしなど不規則な生活を続けていると、髪の細胞が活性かせず白髪になるといいます。6つ目は病気や疾患です。薬の作用で白髪になる人がいます。この場合は一時的なことなので、薬を飲まなくなればまた元に戻ります。また、胃腸疾患や貧血、甲状腺疾患などの病気の人は白髪になりやすいという報告もあります。

どんなヘアカラーがあるのか見てみましょう

楽天ならばいろんなヘアカラーが探せます

ヘアカラーの価格一覧を見てみる

ヘアカラーの価格を比較してみる


1日だけ染められるヘアカラー剤の真実
 
・校則などで、黒髪にしないとならないシーンがあることってありますが、1日だけのヘアカラー剤というのが売り出されています。このヘアカラー剤、1日だけ、その色になり、洗い流せばちゃんともとの色に戻るという優れものです。
・服につきやすい、手につきやすいというトラブルも。黒の服ならまだしも、白の服なら大変なことになるかも。
・強くこすらなければ大丈夫という声も。わかった上で使うのはいいかも知れませんね。